若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは

40歳の半ばから50代にかけて閉経を迎えることで起こるのが更年期障害。最近では20~30代の更年期にはまだ早いとされる年代の人にも更年期症状が現れるようになっています。これを「若年性更年期障害」といい、プレ更年期という呼び方もされています。

現代の女性

現代の女性は男性と同じように外に出て働く人も増え、責任ある仕事についたり、残業などで肉体的にも精神的に疲労が溜まりストレスを感じてしまうことが原因で発症することがあるとも言われています。他にも体型の維持・管理を目的に過度なダイエットを行ったり、不規則な食生活を続けているなどするとからだへの負担が増加するので、不規則な生活習慣が原因になって月経が止まってしまう事があります。月経が止まってしまうと、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうので更年期障害が若いうちから現れるようになってしまいます。

更年期障害の原因

更年期障害の原因

まず更年期障害が起こってしまう原因やその仕組みについて解説します。原因として考えられているのは、「ホルモンバランスの乱れ」によるとされ、心身に不調を起こしてしまうのが特徴です。日本人女性の閉経する平均年齢は50.5歳とされ、その前後10年後が更年期と呼ばれ卵巣の機能を徐々に低下させてしまいます。

卵巣は女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の分泌を行う器官であり、この分泌が減ってしまうと脳は別の「卵胞刺激ホルモン」を分泌するようになり、卵巣にエストロゲンの分泌を促進させようとします。しかし機能が低下した卵巣では分泌させることが難しくなっているので、脳の命令と噛み合ず卵胞刺激ホルモンばかりが分泌されてしまいホルモンバランスが乱れていってしまいます。

過度なダイエットなどは危険

過度なダイエットなどは危険

若年性更年期障害もホルモンが原因となっていることは同じです。ですが、閉経している訳ではなく不規則な生活習慣や偏った食事によってからだが生命維持を優先するようになり、月経を止めてしまうことがあります。激しい運動や肉体的なストレスなども同様に月経を止めてしまう原因となります。若い人はとくに体型などが気になるかも知れないですが、健康を損なう方法でのダイエットは早いうちに更年期を招いてしまう原因になってしまいます。月経が止まった状態を長く続けてしまうと、治療で回復しなくなる恐れもあります。出来る限り早めに、病院へ受診することが大切です。

女性ホルモン剤のリノラル