プレマリンの効果・副作用

プレマリンの効果・副作用

女性の閉経期の前後10年の間に起こる、更年期障害を治療するために用いられるお薬を紹介します。「プレマリン」という女性ホルモン剤で、これは女性ホルモンが含有され「卵胞ホルモン(エストロゲン)」を補うことができます。他の治療に用いられることもありますが、主に更年期障害の治療に用いられています。

更年期障害

更年期障害は、加齢によって卵巣の機能が低下しはじめることでエストロゲンの分泌量が低下します。すると脳が「エストロゲンを分泌しなさい」と卵胞刺激ホルモンを分泌しエストロゲンの分泌を促進させようとします。これによってホルモンバランスが乱れてしまい、代表的な症状で言えば「ホットフラッシュ」や「スウェッティング」などの症状や不眠や腰痛、イライラなどの症状が現れるようになります。人によっても症状の程度や頻度も異なることから苦痛と感じてしまう女性も多いです。

プレマリンの作用

このプレマリンというお薬は、女性ホルモンとして働く「卵胞ホルモン剤」です。閉経期の前後に少量を服用することで、更年期障害に伴う不快な症状を改善させることができます。とくにホットフラッシュやスウェッティングといった、ほてりやのぼせ、多汗などの「血管運動神経症状」に対しては特に効果が高いと言われています。

プレマリンの作用

また泌尿器の萎縮によって起こる「膣の乾燥」「尿失禁」などに対しても有効とされるお薬になります。長期の服用では、「骨粗鬆症」の予防の効果も期待できると考えられています。更年期障害以外には、「卵巣欠落症状」「卵巣機能不全」さらに「膣炎」「機能性子宮出血(予定外の出血)」などの症状にも適応しています。

副作用

飲み薬となるので、副作用についても知っておく必要があります。多いとされるのは、次のようなものにります。
・乳房の張り/痛み
・不正出血
・吐き気/嘔吐

ホルモンバランスに変化を与えることで起こる症状だと言われています。これらの症状は、服用から2~3ヶ月もするとからだが慣れるので次第に軽快になるのでそれほど心配の必要はありません。重い副作用はまず起こらないとされていますが、服用する上で注意が必要なのは「血栓症」です。血管の中で血液が固まってしまう事で起こる病気です。生じる箇所も様々で、手や足、とくにふくらはぎに痛みや痺れを感じる場合には血栓症の可能性があります。また突然、胸に痛みを感じたり、頭痛、めまい、視力の低下などが起こると血栓症の前触れの可能性があります。

女性ホルモン剤のリノラル