更年期障害の原因

更年期障害の原因

程度の違いこそあれ、女性なら多くの方が更年期障害を経験します。それは、生理が無くなって、女性ホルモンのバランスが崩れているため、さまざまな神経的な問題を引き起こすからなのですが、人によってその症状は異なります。朝だけ頭痛がしたり、腰痛で動けなくなったり、ただ日中ずっとイライラしてしまったり・・。外見で分からないことも多く、周囲の人から理解されない、本人しか分からない辛さがあります。

そもそも、更年期障害はどうしてなるのでしょうか。原因は、卵巣の機能低下と女性ホルモンの乱れ、そしてその人の体質や性格など精神的なことによるといわれています。卵巣の機能低下は、上述の通り、生理が無くなることで現れます。生理は、卵巣の中の卵胞が毎月排出されることで、女性ホルモンの分泌が促されるのですが、この卵胞は50歳前後で全て無くなってしまいます。これが閉経ですが、これとともに、女性ホルモンの生成が出来なくなってしまい、卵巣機能が衰えてしまいます。すると、脳が過剰に反応し、何とか生成しようと、脳が信号を送り続けるのです。それによって、体がだるい、頭痛がする、イライラする、など、生理に似たような症状が出てしまい、その状態が長く続いたり、悪化したりすることが原因の1つです。

更年期障害の原因

そして、それに伴い、50代前後は、私生活や仕事の上で重要な立場であることが多く、日々、神経が過敏になっていることが多いため、このような状況を過敏に捉えてしまうということも原因にあたります。他にも、持病がある人は持病が悪化したりすることもあります。

10年前後も続くと言われているので、症状が重い方にとっては大変辛い状態です。日本ではまだまだ理解がえられていないので、特に男性には理解されず、孤独になってしまう事もあります。

辛い場合は無理せずにリノラル等の女性ホルモン剤を利用しましょう。病院となると敷居が高いですが、今は通販で簡単に購入する事もできるのでお勧めです。

女性ホルモン剤のリノラル