更年期障害とは

更年期障害とは

加齢に伴って、人間は性ホルモンの分泌量が変わってきます。うまくバランスが取れている時は精神的にも肉体的にも何か問題が起きる事はまずありませんが、バランスが崩れる・分泌量が減少してしまうと何らかの症状が出てくる事があります。性ホルモンは第二次性徴で性器に変化を起こすだけでなく、それぞれの見た目を変化させます。また精子や卵子を成長・成熟させたり、妊娠の成立に影響を及ぼします。

しかし大体40代から50代位になってくると次第に減っていき、のぼせ・ほてり・多汗・イライラ・不安等の症状が強く出てくる事が少なくありません。本人はとても不快な気分を味わう事もあります。それを更年期障害と呼び、閉経を挟んで大体10年程度続きます。その原因として大きく影響しているのが、卵巣機能の低下です。それによって女性ホルモンの分泌量が減ってしまい、様々な体の変化を感じる事になります。ただ個人差があり、それほど酷く感じない人もいれば病院に行かなければいけないほどの人もいる事を知っておきましょう。

更年期障害とは

女性がなるものだと思われがちですが、実際には男性更年期障害もあります。また、若年性更年期障害というもあります。発汗、ほてり、うつ病等が起きてしまう事もあるので注意しましょう。男性も大体女性と同じで40代後半から50代前半に出てくる事があるので、必要な場合は正しい処置を行ってできるだけ軽くする努力が必要です。

リノラルなどで治療

症状が辛い方には、女性ホルモン剤リノラルなどの服用がお勧めです。今は通販で簡単に購入する事ができます。症状が辛くて出かけるのもしんどいという方も、病院に行かずに家まで届けてくれるので大変楽です。また、病院よりも安い事が多いので、安く、簡単に購入したいという方は是非利用してみましょう。仕方のない事だと諦めて辛さを無理に我慢する必要はありません。周囲に迷惑をかけてしまう場合もありますので、悪化してしまう前に、薬をうまく利用して改善させましょう。

女性ホルモン剤のリノラル