更年期を乗り越える秘訣

更年期とは

更年期とは

更年期障害は、四十代の後半から起こります。女性の身体は、十代から五十代にかけて子供を産むために生殖機能が活動し続けています。しかし四十代の半ばを過ぎるころになると次第に卵巣機能の質や働きが低下をし、やがて閉経の時を迎えます。

更年期障害が起こる原因には、ホルモンのバランスが乱れることにあります。卵巣機能の働きが低下するとともに女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量も次第に低下していきます。エストロゲンの働きは、卵胞刺激ホルモンを刺激し卵胞を作るように命令することです。

更年期とは

しかし実際には、エストロゲンが分泌する量が低下したために、卵胞刺激ホルモンが作られず、脳の中では慌てて卵胞刺激ホルモンを急いで増やそうと、卵胞ホルモンを急激に増加させようとする働きがあるのです。つまり、卵巣機能が衰えているにも関わらず、卵胞ホルモンを増やそうという働きが活発化するため、身体の中ではホルモンバランスが極端に乱れてしまうことになります。

主な症状には、身体が熱くほてってしまったり、神経質になってしまったり、自律神経の乱れ、大量の汗をかくこともあります。更年期は女性ホルモンが乱れることによって、身体の不調を感じますが、障害が楽な人もいれば、重く辛いものになってしまう方もいます。

効果的な栄養素

効果的な栄養素

更年期にさしかかったら、ホルモンのバランスを整える食事を積極的に取ると、不調を乗り越えることができます。亜鉛にはホルモンバランスを整える働きがあります。うなぎや牛肉、チーズ、ゴマ、豆腐などに含まれます。カルシウムには骨粗鬆症を予防する効果があります。コップ一杯の牛乳を毎日かかさずに取ったり、魚料理を毎日食べ続けるとよいでしょう。大豆イソフラボンには、エストロゲンと同じ効果が期待できるので、豆乳や豆腐、豆類を食べるとよいでしょう。

リラックスが大切

更年期とうまく乗り越えるには、精神的にもリラックスすることが大切です。ちょうど、子供の独立や親の介護など年齢的にいろいろな問題が出てくる時期でもあるため、こうしたストレスから自分を守ることも必要です。自分の趣味の時間を作り、好きなことに没頭する時間を設けるとよいでしょう。辛い場合には、リノラルなどの女性ホルモン剤を利用しましょう。通販で簡単にいつでも購入する事ができます。

女性ホルモン剤のリノラル