有効な女性ホルモン剤

女性ホルモン剤とは

人間の体では性ホルモンが分泌されています。しかし加齢に伴う身体的な変化、ストレス等によって崩れてしまう事が多々あります。例えば、女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、生理周期を安定させるだけでなく、女らしい体作りにも一役買っている成分です。

通常、女性の卵巣から卵胞ホルモンというものが分泌されますが、更年期やダイエット等による栄養不足等で分泌量が低下していきます。それが原因となり、更年期障害や骨粗鬆症、卵巣の発育が悪くなる、月経が不順になる等の問題が起こります。これらの症状の緩和に役立つのが、リノラル等の女性ホルモン剤です。

リノラルとは

リノラルはエストロゲンの欠乏を補う事ができる女性ホルモン剤の一つです。女性ホルモンを増やす働きがあります。主に婦人科系の医薬品を製造している製薬会社、オルガノンが製造しています。

リノラルは更年期障害の軽減や、不妊治療における卵巣の発育を改善する治療、男性の前立腺癌の症状を緩和する効果が期待できる女性ホルモン剤で、ホルモンバランスを整える事もできます。また閉経後に起こりやすい骨粗鬆症の改善にも効果が期待でき、女性ホルモン剤と言っても、男女共に利用できる薬だと言えます。他にも沢山の女性ホルモン剤は存在しますが、リノラルは最も強いタイプの薬です。

即効性もあり、服用してからなかなか効果が出てこないと言う事も殆どありません。生理周期を整える、肌をきめ細かにすると言った目的でも利用される事も多々あります。

またリノラルは経口避妊薬として使われる場合や、性同一障害に悩む男性が女性の身体に近づく為に使用する事もあります。男性の方がリノラルを服用した場合には男性ホルモンを減少させる効果がありますが、量を超えないように服用しましょう。前立腺癌の治療として用いられる際には、リノラルを緩和措置として服用する場合もあります。

リノラルの副作用

リノラルは良く効く薬なので、服用すると人によっては大きな副作用を感じる事もあります。リノラルの副作用には、子宮からの不正出血、めまい、血圧が上昇、嘔吐、下痢等があります。女性ホルモン剤を服用する場合は感じられる症状ですが、服用し続ける事で感じにくくなります。しかしあまりにも強く症状が出てくる時は、医師に相談しましょう。

またリノラルを大量に服用した場合には、ナトリウムや体液が身体に溜まりすぎてしまったり、高カルシウム血症をまねく事もあるので注意が必要です。リノラルは様々な効果がある女性ホルモン剤ですが、量を守らなければ取り返しのつかない事になってしまう恐れがあります。
誤って大量に服用した時には、すぐに受診しましょう。

なお、リノラルを服用出来ない方は、肝機能障害、乳癌、心筋梗塞、肺塞栓症、糖尿病等を患った方です。使用目的や量を間違えると、健康被害に遭う確率が高くなる為、不安がある方は事前に医師に相談しましょう。リノラルは安全性が確立されている女性ホルモン剤ですが、飲みすぎ・持病・併用禁忌薬には十分気を付けて安全に利用しましょう。

海外医薬品の通販サイトとジェネリック

日本は諸外国に比べると医療の制度は充実している方なので、多くの治療を保険の範囲内でまかなう事ができます。病気になっても、殆どが3割負担のみとなっているので安く治療を受ける事ができます。しかし、中には1錠がとても高価な薬もあります。保険適用でも、500円ほどする薬や発症人数が少ない病気になると保険適用外になり、全額を自費で負担しなければならない事もあります。高い薬を継続して服用する事は病気の治療の為とはいえ、経済的に大きな負担となります。

そこで高い薬代を抑える為に有効なのが、海外医薬品やジェネリックです。日本と違って保険制度が充実していない国での治療は、私たちが当たり前に受けている治療が非常に高額となってしまう事が多いのですが、そういった人達に利用されています。先発薬と同じ成分が含有されているので、先発薬と同等の効果効能を期待する事ができます。

保険が効くものの高い薬としては、プレマリンという女性ホルモン剤があります。女性ホルモン剤は1錠が保険が適用で500円ほどとされるので、毎日の使用はかなりの負担となります。これをジェネリックのプレモン等に替えると1/10以下の価格で服用する事ができます。つまり1錠数十円程度になります。治療費の負担を大幅に軽減する事で、患者さんが無理なく使用する事が出来るようになります。

個人輸入によって海外に注文する事で購入する方法がありますが、語学力が必要となります。語学力がなくても安心して購入出来るのが、「海外通販サイト」です。これは個人輸入代行と呼ばれるもので、本人に代わって業者が海外から取り寄せてくれるので、注文する以外に掛かる費用は送料のみとなります。これなら誰でも購入する事ができ、しかも通販で注文が出来るので24時間いつでも注文する事ができます。その他にも数百種類以上の薬の取扱があるので、女性ホルモン剤等常用している薬の費用が高過ぎて悩んでいる人は調べてみるのがお勧めです。

若年性更年期障害

若年性更年期障害

女性の社会進出に伴い、様々なストレス、不規則な生活、過度なダイエットなどで、若い女性でもプレ更年期と呼ばれる更年期障害を発症するケースが増えています。原因と注意すべき点を解説します。

男性更年期障害

男性更年期障害

女性だけではなく、男性も「LOH症候群」と呼ばれる更年期障害を発症するケースがあります。女性と違って発症時期もわかりにくく、特に精神的なものやEDなど性の部分に大きく影響しいます。

更年期の性事情

更年期の性事情

更年期障害になると、痛みや膣の乾きなどで性行為が難しくなる萎縮性膣炎というものが起こるケースがあります。これらの症状はリノラルなどの女性ホルモン剤で改善する事が可能です。

女性ホルモン剤のリノラル