女性ホルモン剤リノラルとは

リノラルはエチニルエストラジオールという薬名のある薬で、女性ホルモンを増やす働きや効果があります。
主に婦人科系の医薬品を製造している製薬会社、オルガノンから製造販売されています。
リノラルの主成分であるエチニルエストラジオールは女性ホルモンの合成卵胞ホルモンが有効成分です。
通常、女性の卵巣から卵胞ホルモンというものが分泌されるのですが、更年期やダイエットなどによる栄養不足などで、卵胞ホルモンの分泌量が低下していきます。
卵胞ホルモンの低下が原因となって、更年期障害や骨粗しょう症、卵巣の発育が悪くなる、月経が不順になるなどの問題が発生します。
この薬は、更年期障害や、不妊治療における卵巣の発育を改善する治療、男性の前立腺がんの治療薬として使用されます。
またエチニルエストラジオールは経口避妊薬として使われる場合や、性同一障害に悩む男性が女性の身体に近づくためにホルモン療法として使用されることもあります。
男性の方が服用した場合には、身体が女性化する効果があり、男性ホルモンを減少させる効果がありますが、くれぐれも量を超えないように服用しましょう。
前立腺がんの治療として用いられる場合には、男性ホルモンが増殖を止める働きがあるため、緩和措置として服用される場合もあります。
この薬の副作用には、乳房が張ったり、子宮からの不正出血、めまい、血圧が上昇、嘔吐、下痢などがあります。
また大量に服用した場合には、ナトリウムや体液が身体に溜まりすぎてしまったり、高カルシウム血症をまねくこともあるので注意が必要でしょう。
この薬は、更年期障害やホルモンバランスを整えたりするのに、効果的な薬ですが、量を守らなければ取り返しのつかないことになってしまう恐れがあります。
誤って大量に服用した時には、すぐに受診しましょう。
また服用することが出来ない方は、エストロゲン依存性悪性腫瘍を持った方や肝機能障害、乳がん、心筋梗塞、肺塞栓症、糖尿病などを患った方です。
使用目的や量を間違えると、健康被害に遭う確率が高くなるため、医師の指示に従って服用することが一番でしょう。